ファクトリーインプルーブメントではCFRP事業の派生として、
エコカーの開発を実施してきました。

開発コンセプト

21世紀には、世界人口が急増して各国の交通移動体とエネルギー需要が急増するため、地球規模での環境破壊の危機が高まる。

そこで、このような地球環境破壊を抑制するため、交通移動体の使用を抑制することも必要であるが、多くの人や物の移動の利便性を確保しつつ、安全でクリーンで効率的な交通体系を一刻も早く構築することが、全世界的には極めて重要な課題となっている。

開発の歴史

平成18年4月 共同開発決定

平成18年8月7日 エコカー構想内容 特許申請

超軽量(シャーシ、ボディ、動力源、足回り、1人乗り)であること

フルカバー(ヘルメット不要、冬暖かく、夏涼しい、雨に濡れない)が必要

空気抵抗が少ないこと(前面投影面積、Cd値、Cl値)

走行抵抗が少ないこと(転がり抵抗、タイヤ接地面積)

安価であること(アンケート結果より、男性希望価格:40万円、女性希望価格:80万円)

平成18年9月 静大工学部内で共同開発学生募集

平成18年11月 エコカー実験車(1号機)デザイン決定、製作開始

平成19年2月1日 はままつメッセ展示会(浜松グランドホテル)にて発表、展示


平成19年5月18日 静岡大学浜松キャンバスにて初試走に成功


平成19年6月11日 テレビ静岡取材(6/19ニュースにて放映)

平成19年9月 エコカー試作車(2号機)デザイン決定、製作開始

平成20年1月31日 はままつメッセ展示会(浜松グランドホテル)にて発表、展示


平成20年12月5日 静岡大学浜松キャンバスにて初試走に成功


平成21年1月28日 エコカー試作車(2号機)用モノコックシャーシをCFRPにて製作


平成21年2月5日 はままつメッセ展示会(浜松グランドホテル)にて走行可能エコカー試作車(2号機)とCFRP製モノコックシャーシを展示

平成21年6月25日 ものづくり中小企業製品開発等支援事業(試作開発等支援事業)補助金取得

平成22年6月19日 ものづくり中小企業製品開発等支援事業にて製作されたCFRP製静岡県立浜松城北工業高等学校省エネ研究部エコカーHondaエコマイレッジチャレンジ鈴鹿大会に参戦


平成22年7月24日 エコカー試作車(3号機) 1/5モデルにて風洞実験実施Cd=0.256
FrLift=-0.057 RrLift=0.061


現在に至る

エコカーの特徴

次のような特徴を持っています。

CFRP新工法(新ハンドレイアップ)で製造

製造コストは従来のCFRPオートクレープ/プリプレグ工法の1/3(当社比目標)

引張強度はオートクレープ/プリプレグ工法の70%確保(70kgf/mm2)

CFRP製モノコックシャーシは 昨年造ったGFRPモノコックシャーシの3倍の強度

重量は1/3(17.5kgf→5.9kgf)
こちらからお問い合わせください



ファクトリーインプルーブメント・アクセス